司法書士によるコラム

第21回 「登記簿を見てみよう!」

 突然ですが、みなさまは不動産登記簿の実物をご覧になったことがありますか?
こんなお話をすると、ちょっと不思議に思われる方も少なくないかもしれませんが、実はごくごく普通の生活をしていると、「生まれてからこのかた、実物の不動産登記簿(現在は登記記録と言う名称ですが)なんてものに触れる機会はなかった」、という方も珍しくはないのです。

 例えば、この種のお話の典型例が、相続登記です。「相続登記はお済みですか」なんてお話をすると、たいていの方が「済んでいる‘はず’」とお答えになるのですが、よくよく聞いてみると、その答えの根拠は「おれは次男で、両親が生きていた頃から同居していなかったから」とか、「私は早い時期に嫁に出てしまって、実家とは姓も違うから」とか、「父が死んだあと、弟がずっと固定資産税を払っていたから」というもの。けれど、ちょっと待って下さい、実はこれらのことと相続登記とは全く関係がないのです。
 そもそも、多くの人にとって相続登記を分かりにくくしてしまっているのが、「相続に関して必要なことならば、お役所が何か言ってくるだろう」という誤解があること。実は、相続の登記は『この土地や建物は○○さんのものですよ』という「持ち主の権利をまもるためにするもの」なので、相続が発生したからと言っても必ずしも「やらなければならない義務がある」わけではなく、当然、お役所も「相続したのならば登記をしなさい」とは言ってきてくれないのです。

 では、「相続登記はやらなくてもよいものなのか」というと、決してそうではありません。先程も触れたように、相続登記は「やらなければならない義務がある」という性質のものではないのですが、「持ち主の権利をまもる」という性質は非常に重要なもので、ずっと相続登記をしないまま何代も世代を過ごしてしまうと、あとになって不動産を売ろうと思ったときや、建物の建て替えをするために土地を担保に銀行から融資を受けようと思ったときなどに「予想以上に手間がかかって面倒になってしまう」ことも珍しくないからです。
 そして、こうしたことを防ぐためにも、このコラムをご覧下さっている皆さまに是非おすすめしたいのが、「実家の不動産登記簿を見てみる」ことです。法務局に足を運んで登記簿の記録を取り寄せる作業は、未体験の方でもそれほど難しいことでは無く、やってみると意外に新鮮な作業ですし、実際に登記簿の記録をたどりながら過去の記録をたどっていくと、実家にまつわる‘今まで知らなかった意外な事実’を発見出来るかもしれません。
 その上で、もし、登記簿の記録について御相談されたいと思われた方。そんな方は、どうぞお気軽に当事務所の問い合わせフォームを御利用ください。仮に実家の登記簿上の所有者が「びっくりするくらい昔の御先祖様のままだった」なんてことがあったとしても、当事務所の担当者が丁寧に対応策を御説明させて頂きます。




司法書士 松村 貢

不動産登記のお問い合わせはこちら

ご相談,お見積り無料!お気軽にお問い合わせください。

「こんな些細なことを弁護士に相談してもよいものか」といった事項でも,遠慮なくご相談いただける人間関係を,法人代表者の方々や法務部担当者の方々との間で築くことを心掛けています。