司法書士によるコラム

第9回 「所有者の会社がない!」

 司法書士の仕事をしていると,なかなか巡り合うことができない登記に巡り合うことがあります。
その一つに,「清算結了の登記抹消」→「残余財産の分配」という,商業登記と不動産登記が交り合った登記がありました。

 資産家のおばあちゃんが,銀行からの融資を受ける時に,抵当権を設定するという依頼があり,まず不動産の登記簿を見せてもらいました。

 甲区一番が資産家のおばあちゃんの保存登記,贈与による移転で甲区二番が○○○株式会社???・・・。

 「おばあちゃん,○○株式会社って,何?」と資産家のおばあちゃんに聞いたところ,「私が昔に,経営していた会社で,もう無いよ。」との返答。

 「えッ?無いの?」

 慌てて,商業登記簿を取り寄せたところ,その会社は,すでに清算結了登記を終えて,存在していない会社でした。

 つまり,問題点は,
【1】存在していない会社名義の不動産であるということ。
【2】その不動産を,おばあちゃん名義にしないと,抵当権を設定することはできないということ。(つまり,融資が困難。)

 で,まず,考えたのが,清算結了前に不動産を売り渡した事実がなかったかということ。この場合,売買の効力は発生しており,登記義務のみが履行されていない状態ですので,便宜上,清算人だった者とおばあちゃんとの共同申請で,所有権移転登記ができます(昭30.4.14民甲708)。当然,会社の登記を復活させる必要はありません。

 しかしそのような事実はない。となれば会社登記の復活。商業登記申請で「清算結了の登記抹消」して,会社登記を復活させました。清算人も選任しました。

 次に不動産登記。「残余財産の分配」を原因として,清算人と資産家のおばあちゃんの共同申請で,所有権をおばあちゃんに移転させました。

 そして,再び,「清算結了」の登記申請で,再び会社を消滅させる・・・。
かなり大変な登記でした・・・。

不動産登記のお問い合わせはこちら

ご相談,お見積り無料!お気軽にお問い合わせください。

「こんな些細なことを弁護士に相談してもよいものか」といった事項でも,遠慮なくご相談いただける人間関係を,法人代表者の方々や法務部担当者の方々との間で築くことを心掛けています。